前のページへ戻る
よくある質問と回答

事前準備/環境設定

Q1. 電子入札システムを利用するにあたって必要な機器などを教えて下さい。
Q2. ICカードはどこから買えばいいのですか?
Q3. ICカードは1枚だけ買えばいいのですか?
Q4. 複数枚用意する場合は、別の認証局のICカードでもいいのですか?
Q5. 他の公共発注機関と同じICカードを利用する場合は、同じPCでも使えますか?
Q6. 国土交通省等で使用しているICカードは使えますか?
Q7. ICカードの名義人は誰にしたらいいのですか?
Q8. 本社代表者のICカードと受任者(支社長や営業所長など)のICカードの両方が使えるのですか?
Q9. Javaポリシーを設定する際、URLの欄には何を入力すればいいですか?
Q10. 「APPLET-CRITICAL-XXXXXXXX-03001」デバイスエラーが表示されます。(※1)
Q11. 画面上部に時計が表示されないのですが?
Q12. 1台のパソコンで秋田市電子入札システムと秋田県電子入札システムの両方を利用したいのですが?
Q13. ICカードのPIN番号を入力後「APPLET-CRITICAL-XXXXXXXX-19999」が表示され、先へ進めません。(※1)
Q14. ICカードのPIN番号を入力後「APPLET-CRITICAL-XXXXXXXX-19999」が表示され、先へ進めません。(※1)
Q15. ICカードのPIN番号を入力後「APPLET-CRITICAL-XXXXXXXX-10048」が表示され、先へ進めません。
ICカードのPIN番号を入力後「APPLET-CRITICAL-XXXXXXXX-19999」が表示され、先へ進めません。(※1)
Q16. ICカードのPIN番号を入力後「APPLET-CRITICAL-XXXXXXXX-03002」が表示され、先へ進めません。
Q17. 何度設定を見直してもエラーが表示されて先へ進みません。
Q18. インターネットエクスプローラが異常終了します。
Q19. 画面表示おかしくなり、先に進めません。
Q20. 秋田県電子入札システムの画面表示でエラーが発生した場合。
Q21. Windows10へのアップグレード予約について。
Q22. 質問の画面で「入力内容確認ボタン」を押下しても先へ進めません。

※1.XXXXXXXXには何らかの数字が表示されます。









































Q1. 電子入札システムを利用するにあたって必要な機器などを教えて下さい。
A1. パソコンやICカード、インターネットへの接続環境が必要となります。詳細は「必要なハードウェア、ソフトウェアについて」をご覧ください。
上に戻る


Q2. ICカードはどこから買えばいいのですか?
A2. 電子入札コアシステムに対応した認証局から購入していただきます。各認証局についてはこちらをご覧ください。
上に戻る


Q3. ICカードは1枚だけ買えばいいのですか?
A3. 1枚あれば問題なく使えますが、紛失や破損に備えて複数枚用意することもできます。
上に戻る


Q4. 複数枚用意する場合は、別の認証局のICカードでもいいのですか?
A4. 可能です。しかし、1台のPCに別の認証局のソフトをインストールすると不具合が発生する恐れがありますので、別々のPCにインストールする必要があります。
上に戻る


Q5. 他の公共発注機関と同じICカードを利用する場合は、同じPCでも使えますか?
A5. 基本的には使えます。
上に戻る


Q6. 国土交通省等で使用しているICカードは使えますか?
A6. 国土交通省はじめ「電子入札コアシステム」を採用している公共発注機関であれば、同じICカードが使えます。ただし、ICカードの名義人は秋田県入札参加資格者名簿に登録されている方と同一である必要があります。また、秋田県用にJAVAポリシーの設定を行う必要があります。JAVAポリシーの設定内容は、java.policyファイルの設定をご覧ください。
上に戻る


Q7. ICカードの名義人は誰にしたらいいのですか?
A7. 秋田県入札参加資格者名簿に登載されている方がICカードの名義人となります。県外業者で受任先が存在する場合は受任者名義、存在しない場合は代表者名義のICカードをお使いください。工事とコンサルの両方の入札参加資格を持つ場合は、1枚のICカードで併用可能です(ただし、受任先が存在する場合は工事コンサルとも同一の受任者とする)。工事とコンサルの受任者がそれぞれ異なる場合は、それぞれの受任者名義のICカードが必要になります。
上に戻る


Q8. 本社代表者のICカードと受任者(支社長や営業所長など)のICカードの両方が使えるのですか?
A8. 受任先が存在する場合は、受任者名義のICカードだけしか使えません。
上に戻る


Q9. Javaポリシーを設定する際、URLの欄には何を入力すればいいですか?
A9. 下記の3つのURLを全て登録してください。httpではなくhttpsですので、お間違えのないようにお願いします。
https://cals01.pref.akita.lg.jp/CALS
https://cals02.pref.akita.lg.jp/CALS
https://cals03.pref.akita.lg.jp/CALS
上に戻る


Q10. ICカードのPIN番号を入力後「APPLET-CRITICAL-XXXXXXXX-03001」デバイスエラーが表示され、先へ進めません。
A10. ICカードリーダの接続ケーブルが外れていないかご確認ください。きちんと接続されている場合は、ICカードリーダを接続したままパソコンを再起動することで正常化する場合があります。それでもエラーが表示される場合はICカード関連ソフトウェアのインストール不備が考えられますので各認証局までお問い合わせください。
上に戻る


Q11. 画面上部に時計が表示されないのですが?
A11. 開いているブラウザを全て終了させ、もう一度お試しください。正常に表示される可能性があります。正常化しない場合、電子入札システムの各種設定が不正であることが原因と思われます。こちらの対策ページを参考に、設定の見直しをお願いします。
上に戻る


Q12. 1台のパソコンで秋田市電子入札システムと秋田県電子入札システムの両方を利用したいのですが?
A12. 秋田県電子入札システムは、国土交通省をはじめとする省庁、自治体で導入しているJACICコアシステムを使用しています。
秋田市電子入札システムが使用する基本システムとは、Javaのバージョンが異なるため、同じパソコンではご使用になれません。このため、既に秋田市電子入札システムをご利用の方は、違うパソコンにインストールされるようお願いします。
なお、JACICコアシステムを使用している省庁、他自治体の電子入札システムを利用している場合は、そのまま同じパソコンでご利用できます。
上に戻る


Q13. ICカードのPIN番号を入力後「APPLET-CRITICAL-XXXXXXXX-19999」が表示され、先へ進めません。
A13. java.policyファイルの設定が間違っている可能性があります。秋田県用の設定が必要です。詳しい設定内容はこちらをお読みください。
上に戻る


Q14. ICカードのPIN番号を入力後「APPLET-CRITICAL-XXXXXXXX-19999」が表示され、先へ進めません。
A14. 下記の手順に従い、javaキャッシュのクリアをお願いします。
a. Windowsの「スタート」をクリック。
b. 「コントロールパネル」をクリック。
c. 「コントロール パネル」ウインドウの表示方法が「カテゴリ」と表示されていましたら、クリックして「小さいアイコン」に変更してください。
d. 「Java」をクリック。
e. 「一般」タブ「インターネット一時ファイル」の「設定」をクリック。
f. 「ファイルの削除」をクリック。
g. 「ファイルおよびアプリケーションの削除」で全てのチェックボックスにチェックを付け「OK」をクリック。削除が完了したらウインドウを全て閉じる。
上に戻る


Q15. ICカードのPIN番号を入力後「APPLET-CRITICAL-XXXXXXXX-10048」が表示され、先へ進めません。
ICカードのPIN番号を入力後「APPLET-CRITICAL-XXXXXXXX-19999」が表示され、先へ進めません。
A15. ポップアップブロックが原因です。ポップアップブロックを解除してください。

ポップアップブロックの解除方法については下記をご覧ください。
Internet Explorer 11 の使用について

大手検索サイト等のツールバー(YahooツールバーやGoogleツールバー等)でもポップアップブロックは行われますので、削除するか、もしくはそれぞれのツールバーの方法でポップアップブロックを解除してください また、ウイルスソフトによるポップアップブロックについても、それぞれのウイルスソフトの方法で解除してください。
もしも、検索サイトのツールバーがインストールされているか不明な場合は、「スタート」→「コントロールパネル」→「プログラムの追加と削除」に「Googleツールバー」や「Yahooツールバー」が存在しないか確認し、 インストールされているようであれば削除してください。

なお、ブラウザにツールバーが組み込まれていると、下図の赤枠部分のように表示されます。


ヤフーツールバーを削除するには「カスタマイズ」から「Yahoo!ツールバーを削除」をクリックしてください。


検索サイトのツールバーには他にも次のツールバーなどがあります。現象が解決しない場合は、「スタート」→「コントロールパネル」→「プログラムの追加と削除」から確認し、削除してください。

・MSNツールバー
・Windows LiveTool Bar
・McAfee SiteAdvisor(McAfee security center)
・BIGLOBEツールバー
・gooスティック
上に戻る


Q16. ICカードのPIN番号を入力後「APPLET-CRITICAL-XXXXXXXX-03002」が表示され、先へ進めません。
A16. ICカードとICカードリーダの接触不良、またはPIN番号の入力ミスが原因です。半角/全角や英文字の大文字/小文字などに注意し、再度PIN番号をご入力ください。
上に戻る


Q17. 何度設定を見直してもエラーが表示されて先へ進みません。
A17. エラーが発生した時のJavaコンソールメッセージの取得手順を参照の上、Javaコンソールを取得してください。 取得したJavaコンソールを添付して、helpcals@mail2.pref.akita.jpまでメール送信をお願いいたします。
上に戻る


Q18. インターネットエクスプローラが異常終了します。
A18. ポップアップブロックや何らかのアプリケーションにより、Javaの起動が阻害されている事が原因と考えられますので、次の対策を行ってください。

(1)Q15の対策を行ってください。

(2)上記(1)により解決しない場合は、「スタート」→「コントロールパネル」→「プログラムの追加と削除」に「Jword」や「J-Word プラグイン」がインストールされていないかご確認下さい。 もしも、インストールされているようであれば、削除してください。

(3)上記(2)により解決しない場合で、ウィルス対策ソフトで「Norton Internet Security」をお使いの場合、インターネットエクスプローラの 「ツール」→「アドオンの管理」より「Norton Internet Security」のアドオンを全て無効として下さい。その後、全てのインターネットエクスプローラを終了してください。

(4)上記(2)により解決しない場合で、ウィルス対策ソフトで「ウイルスバスター2009」をお使いの場合、 「ウイルスバスター2009メイン画面」→「その他のツール」→「機能の管理」より「Trendツールバー」を削除して下さい。その後、全てのインターネットエクスプローラを終了してください。

(5)上記(3)(4)により解決しない場合は、インターネットエクスプローラの「ツール」→「インターネットオプション」→「詳細設定タブ」の 「サードパーティ製のブラウザ拡張を有効にする(再起動が必要)」のチェックを外してください。 チェックを外したら、「OK」でインターネットオプションを閉じてから、全てのインターネットエクスプローラを終了してください。

(6)上記(5)により解決しない場合は、「スタート」→「コントロールパネル」→「プログラムの追加と削除」よりJavaを削除し、 認証局から配られている手順に則って再度Javaをインストールして下さい。 Javaをインストール後、java.policyファイルの設定を行ってください。
上に戻る

Q19. 画面表示に不具合が生じ、先に進めません。
A19. お使いのインターネットエクスプローラのキャッシュをクリアするため、次の操作を実施してください。

 1.進めなくなる直前の画面までお進みください。
 2.キーボードの「Ctrl」キーと「F5」キーを同時に押してください。
 3.画面が再表示されましたら、操作を続けてください。

電子入札システムが正常に動作しない場合には、併せてQ14の対策を実施してください。

上に戻る

Q20. 秋田県電子入札システムの画面表示でエラーが発生した場合。
A20. 秋田県電子入札システムの画面表示(PIN入力後や受付票参照時、等)でエラーが発生した場合、インターネットエクスプローラを全て閉じてから次のJavaキャッシュのクリアを行って下さい。

手順:
1.[スタート]から[コントロールパネル]を表示する。
2.[Java]を実行する。
3.[一般]タブの[設定]ボタンをクリックする。
4.一時ファイルの設定画面で[ファイルの削除]ボタンをクリックする。
5.ファイルおよびアプリケーションの削除画面が表示されたら、全てにチェックを付けて[OK]ボタンをクリックする。
6.[OK]ボタンをクリックし、一時ファイルの設定画面とJavaコントロールパネルを閉じる。 7.再度、電子入札システムの操作を行う。

なお、Javaキャッシュを削除するとセキュリティ警告のメッセージが表示される場合があります。
セキュリティ警告のメッセージが表示された場合は、次の手順のとおり対応して下さい。

Javaセキュリティ警告について
上に戻る

Q21. Windows10へのアップグレード予約について。
A21. 下記手順をご参照ください。

Windows10へのアップグレード予約について
上に戻る

Q22. 質問の画面で「入力内容確認ボタン」を押下しても先へ進めません。
A22. 下記手順をご参照ください。

互換表示設定について
上に戻る